野村監督の意外なエピソード

国中精鋭野球では南海、ヤクルト、阪神、楽天のディレクターを歴任、今なお球界のご認識番としてTV等に様々出演やる野村克也君、本当は以外にも旦那には勤勉の一面があります。

では精鋭野球に入るまでのエピソードだ。
当時の野村家庭は貧困で、兄妹も多かった案件からいつの野球分隊にもいれてもらえませんでした。

高校生進学も危ぶまれていたのですが周りの保護もあり高校生へは進学、とはいえ進学した高校生は野球ではかなりマニアックな高校生、そんな高校生を、野村君は一所懸命引っ張り、来る日も来る日もバットを降り続けてこれから、ある程度有名な分隊へって釣り上げます。

これが南海ホークスのスカウトの目に立ち寄り入団となった訳ですが、でも当時の南海ホークスでの、商売は練習実況、首脳達からは相手にされない年中が続いていました。

但しでも諦めず、プロフェショナルらの方法を盗み自分の原動力として、そうして来る日も来る日もバットを振り続けました。
そうして3クラスで主力に定着、国中精鋭野球を代表する名アスリートとなっていきました。

野村君はアスリートを再生させるのが素晴らしいというたびたび言われますが!とにかく努力をして掛かるアスリートが好きなのでしょう、他球団から戦力外部になったアスリートを引き取り、野村君の下でリバイバルしたアスリートが多いのも予め努力をし続けているアスリートを評価する傾向にあるからなのかなと思います。